気持ちがすれ違ったまま結婚生活は続けられるもの? 私は離婚を選択!

性別 女性
イニシャル Y.M.さん
結婚した時の年齢 23歳
結婚した時の相手の年齢 29歳
結婚期間 25年
子ども 1人

私は友人達の中では比較的早く、23歳で結婚しました。6歳上の元夫とは職場で出会いました。

それまでほとんど男性とちゃんと付き合った事がなかったせいもあり5歳上の元夫は非常に頼り甲斐のある存在で、頼りきりになりました。

自分自身がきちんと確立されていないままアプローチされ勢いで結婚してしまった感じです。

もちろん当時はお互い相手への気持ちがあり、幸せだと思っていました。

25年間の結婚生活・・段々とすれ違い

すぐに子供が生まれ、未熟ながらも必死で子育てをしましたが段々と価値観の違いや元夫の難しい性格から私は本音を言ったり甘えたりする事ができなくなっていきました。

私が我慢し、コントロールする事で家庭がうまくいくと思いこんでいたのです。元夫には気持ちをお互いに話す事を何度も提案していたのですがあまりうまくいきませんでした。

元夫は一度機嫌をそこねると自分の部屋に閉じこもり食事もとりません。そんな時は機嫌をとりつつ何年もやってきました。

子供が大きくなって2人きりは無理かも

子供が成長し、私の味方になってくれるようになりましたが、子供はいつか巣立っていくもの。

私の虚しさはどうしようもないものになっていきました。仕事を再開したのも経済力をつけていつか1人になろう、と思ったからです。もちろん良い時もあり、そんな時は思い直すのですが、段々と夫と2人の空間が苦痛になっていきました。

子供が成人式を迎え、やはり子供がいなくなった時の生活は考えられないと思い離婚を決意しました。

決意してから離婚決行まで

まずは自分が家を出ていく日を決め、一人暮らしの住居の準備から始めました。

家が決まり手続きをした後にまず子供に打ち明けました。職場には退職の意思を伝え引き継ぎをしながら新しい職も探し始めました。引っ越しの日が決まり、初めて元夫に出て行く事を伝え、それから10日ほどで出て行きました。

それまでの私の様子からそこまで驚かなかったもののやはり最初は信じられなかったようです。離婚届けを置き家を出ました。その後は郵便の転送や住居の転出転入手続きなどをして、後日離婚届けは郵送してもらいました。

その後は離婚届け提出や戸籍の手続き、各種証明書や銀行の手続きなど色々終了するまでに3カ月ほどかかりました。

離婚後の気持ちは色々複雑ですが

離婚してみて、生まれ変わったような気持ちです。結婚生活で色々自分なりに考えた事は全く無駄ではなく、家族で楽しい時間を過ごせた事も事実です。

自分自身本当に成長させてもらいそういう点で元夫には感謝しています。離婚してよくなかった事はやはり経済的な事と親の勝手で悲しい思いをさせてしまった子供達への申し訳ない気持ちが消えない事です。

しかし自分の人生を生きるためには仕方なく後悔はしていません。その点やはり人それぞれかと思います。全て自分次第なので今迷っている方は良く考えてください。

人生楽しみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ