後悔もある!夢を追う働かない夫に呆れて離婚した体験!

性別 女性
イニシャル K.A.さん
結婚した時の年齢 26歳
結婚した時の相手の年齢 21歳
結婚期間 4年
子ども 1人

結婚したばかりのときは「私が養ってあげよう」というくらいの気持ちだったのです。

彼は年下だったし、母性本能をくすぐる可愛らしいタイプでした。だから彼が夢を叶えるためのお手伝いをしようと思って結婚しました。

彼はお笑い芸人を目指している人で私は彼の将来性を信じて結婚したのでした。

働かない夫に段々呆れてしまった!

でも結婚してみるとこれがうまくいかなかったです。最初は頑張ってお笑い芸人を目指している夫を応援していました。

でも1年経ち、2年経ち、3年経ちしてもまったく芽が出ないでしかも顔はどんどん劣化して行きます。段々養ってあげたいという気持ちが無くなって行って夫のことが嫌になってきたのです。

働かない夫の行動にも腹が立ちました。家で何もしていないくせに家事を何一つやろうとしないのです。働きづめの私に何の言葉もかけてくれず段々とこの生活が嫌になりました。

そんな理由から離婚を考えたのです。これ以上夫を養っていけないと思いました。

キッパリ別れられるように心の準備をした

夫に離婚を切り出すまでに何度も離婚の練習をしました。

私は追いすがられると弱いタイプです。夫はいつも甘えてくるタイプで、「別れたくない」と縋られたら振り払え無さそう思って、離婚を切り出す前に予行練習を何度もしました。

そしてキッパリと別れられるように心を整理して、準備して行ったのです。こうして何度も離婚の様子を思い浮かべて予行練習をして自分の気持ちを固めていきました。こうしてキッパリと別れられるように心の準備をしたのです。こうした努力の結果、私は離婚することに成功しました。

ちょっと後悔!他に方法があったかもしれない

離婚を勧めるときに大変なのは自分の気持ちの整理だと思います。私はこれはしっかりとやってこれたので、彼に離婚を嫌がられても気持ちを変えずに固めて別れることができました。

強い気持ちを持つことが離婚の第一歩です。元夫と離婚して今はしっかり仕事をしてくれる年上の彼氏がいます。それには安心しています。しかしその後元夫は私と別れたことで大きく変わったみたいです。

今は企業の一社員としてスタートを切り、営業の仕事を頑張っています。その頑張りの噂を聞く度に、もうちょっと別れる前に何かやることがあったんじゃないかと後悔しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ