離婚の原因は夫とのすれ違い生活!子供を巻き込んで離婚してしまった体験

性別 女性
イニシャル J.O.さん
結婚した時の年齢 23歳
結婚した時の相手の年齢 26歳
結婚期間 6年
子ども 1人

結婚したときはもう少しいっぱい話す時間がありました。夫の仕事もそれほど残業がなくて、いい夫婦生活を送っていたのです。

1年くらいはそのように仲睦まじく過ごしていました。子供もできて幸せだったのです。

しかし1年経ったくらいに夫の職場の部署が突然変わりまして、忙しくなりました。そこから夫婦のすれ違い生活が続きました。

すれ違いすぎて一緒に暮らす意味がない!

私が離婚した原因はこのすれ違いです。夫の仕事の関係で夫婦が一緒にゆっくりできる時間が減りました。

私は子供の育児があって早めに就寝します。でも夫は夜遅くに帰ってきて私が子供を幼稚園に連れて行く頃にまた出社します。そうやっていたら夫婦の会話がどんどん無くなって、完全にすれ違い生活が続きました。

子供のことで相談したいことがあっても夫と話す時間がないのです。これに段々と悲しくなってきたのです。「一緒に暮らす意味がない」と思うくらいにすれ違っていました。

いつからかこれが心のすれ違いに繋がって気持ちが離れてしまったのです。

少しずつ話し合いをして別れることに!

離婚を切り出すまでには夫になんと告げるか悩みましたね。突然いうのはさすがに駄目だと思って、ちょっとずつ夫がいるときに話し合いの時間を取ったのです。

そしてそこでたくさん自分が今まで感じてきた不満を言いました。そして話し合いの結果、私たちは別れることにしたのです。じっくりと腰を据えて話せたのは良かったです。これで私は別れる踏ん切りがつきました。

そして離婚を進める時に大変だったのが子供の親権ですね。これは喧嘩になりました。一時はお互いの親も巻き込んで大揉めしましたが最終的に子供の意見を聞いて私が育てることで話がまとまりました。

実際別れて気持ちが楽になった!

夫と別れて私は気持ちがすごく楽になりました。離婚をして良かったことは夫とのすれ違いに悩むことがなくなったことです。悩みがなくなってスッキリしました。これまではいろいろと夫への不満でいっぱいだったけど、別れたことで不満に思う必要がなくなって、心が楽になりました。

離婚したら夫がいないのが当たり前です。夫がいないことに悩み苦しむ必要がなくなったのが離婚して一番嬉しいことでした。悪いことは片親になったことです。

そのせいで子供の心を傷つけました。離婚話をしたときの子供の悲しそうな顔は忘れません。これが何よりも辛いことでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ