配偶者が宗教に嵌ってしまった…!どんな理由なら離婚できる?

パートナーが宗教に嵌ってしまったことが原因で、「離婚したい」と考える人も多いようです。

では、宗教が原因での離婚は果たして可能なのでしょうか?

ただ宗教に嵌っているだけでは離婚理由にならない

日本の憲法には「信教の自由」という項目があり、宗教を信じる自由も信じない自由も保障されています。このため、「パートナーがただ宗教に加入しているだけ」という状況であれば、離婚理由にするのは難しいです。

また、民法では「法廷離婚原因」に「宗教」を盛り込んでいませんので、もし宗教で離婚するのであれば「その他婚姻を継続しがたい重大な事由があるとき」に当てはまる理由がなくてはいけません。

「宗教での離婚は難しい」と言われることがありますが、このような事情があるためです。ただ、きちんとした理由があれば離婚は可能です。

パートナーが宗教にのめり込み過ぎている!というケース

ただ宗教を信仰しているだけならともかく、「パートナーが宗教に入れ込み過ぎて家庭を放置している」という場合は離婚が認められる可能性があります。

夫婦は協力して家庭を築いていかなくてはなりません。子供がいればなおさらです。にも拘わらず、布教活動ばかりして家庭のことを考えないというのは非常に大きな問題。これでは「相互扶助」が成り立たない状態ですので、離婚原因として認められることもあるのです。

実際に離婚が認められているケースだと、・宗教の会合のために、頻繁に夜遅くまで出かけている・毎日のように勧誘のために外に出ていくなどです。

パートナーが宗教にお金を使いすぎている

「宗教団体にお金を使いすぎて生活が回らない」「貯金を宗教につぎ込んでしまう」という場合も、離婚が認められる可能性があります。

家庭のお金というのは共同財産ですので、それを勝手に宗教に使い込むというのは許される行為ではありません。宗教だと寄付が必要なところも多いので、これにお金をつぎ込み過ぎてしまったというケースは少なくないようです。

実際に、寄付をしすぎているという理由で離婚した夫婦もいますので、状況によっては立派な離婚理由になります。

宗教が原因で別居が続いているという場合

パートナーが宗教にのめりこみ、そのことから夫婦間に亀裂が生じて、別居に至るということもあります。

気を付けたいのは、「ただ宗教にのめり込んでいるパートナーが嫌での別居」ではダメということ。「宗教が原因で、双方に修復しがたい亀裂ができてしまった→別居が長く続いている」というケースではじめて離婚できる可能性が出てきます。

あくまで「夫婦関係が破たんしているかどうか」が重要になるということがわかりますね。さらに「修復が不可能である」と認められることも重要です。

特定の宗教の影響で「お正月」「節句」などができない

宗教によっては、他の宗教や国ならではの行事に参加できないものもあります。1人でそれを守るのは自由ですが、家庭を持っているのにパートナーの宗教の都合で「お正月ができない」「お葬式に出られない」というのは問題です。

これが夫婦で了承済みならいいのですが、そうでない場合は離婚理由になる可能性があります。確かに宗教の信仰は自由ですが、お葬式や法事、お正月などは「お付き合い」の範疇に入ってきますので、これをパートナーの宗教のせいで一方的に禁じられたり、すべて拒否するというのは「夫婦の相互扶助」を侵害するおそれがあります。

まずは証拠あつめ!信頼できる弁護士を探すことが重要

宗教が原因での離婚は、判断が難しいケースも多いです。離婚するならまず「夫婦関係が破たんしている」という証拠を集めること。たとえば、宗教の会合や勧誘でパートナーガ頻繁に外出している場合は、どの程度の頻度なのかを書き留めておくなどの行動が役立ちます。

そして、信頼できる弁護士を探しておくこと。それも、離婚に強い弁護士を探すことです。「離婚をするためにはどんな準備が必要なのか」などの相談に乗ってくれますので、早めに話を聞きにいきましょう。

ただ、離婚をする前に十分な話し合いや歩み寄りも必要です。最初から「離婚だ!」と決めてしまうのではなく、お互いに話し合って落としどころを探ることも大切になりますので、まずはお互いが向き合うことからはじめてみてはいかがでしょう。

参考サイトhttps://rikon-isharyou-anshin.com/rikon-riyuu/shuukyouhttp://www.chabadeerfield.com/cause/religion.htmlhttp://tanteinavi.com/shukyo-rikon/※不備があれば修正させていただきます。

よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ