この精神的苦痛を償って!慰謝料請求の相場は300万円程度

離婚の前に話し合うお金の問題の中でも、慰謝料は特に感情に左右される部分です。

ですが、法的にどのように決まるのか理解しておかないと、現実的な解決に向かいません。ここでは慰謝料に関して解説していく事にします。

慰謝料の法的な意味を知っていますか?

慰謝料は損賠賠償のうちでも精神的苦痛に対しての被害弁償金です。離婚の慰謝料と言うのは、離婚の原因になってしまった相手方の行為により受けた精神的苦痛に対しての損害賠償金であると言えます。

しかし、この精神的苦痛というのは、程度も感じ方もいろいろで明確な基準は存在しません。では慰謝料はどんな時に認められるのでしょう。

慰謝料が認められるには相手方の行為が違法であることが条件です。仮に本人が精神的な痛みを受けたとしても、相手方の行為が違法とは言えない時には認められません。ただ単に性格が噛み合わないとか、価値観が違う時などは慰謝料請求はできません。

慰謝料の相場は多くの場合は300万円程度

精神的な苦痛に対しての客観的な算定は難しい事から、慰謝料の明確な基準は存在しません。有名人が離婚した時に慰謝料1億円とかテレビなどで報じている事もありますが、一般の離婚の際に支払われる慰謝料はあっても400万円くらいまでが多いです。

100万円以下のケースも多くあります。多くの場合は300万円くらいで決着します。例えば慰謝料が1000万円以上とか大きな金額のケースは、多くはなく支払う側に経済的な余裕がある事が前提になります。

しかも長い期間にわたり、不倫を重ねてきたなど状況が悪質な場合です。

配偶者の不倫相手に慰謝料は請求できるのか?

慰謝料を請求できる相手は違法行為をした配偶者だけとは限りません。不倫などのケースでは既婚者である事を知っていたのにも関わらずに、交際をしていた不倫相手にも慰謝料請求は可能です。

普通は不倫相手に対して慰謝料請求の内容証明郵便を送って、相手が取り合わない時には調停を申し立てます。不成立なら起訴を起こします。不倫相手から受け取れる慰謝料の額は不倫の状況、どれくらい期間か、経済力も考慮して決められます。

普通は配偶者の慰謝料よりは少なくなる事が多くて、多くても200万円ぐらいであると言えます。慰謝料というと多額のお金を巻き上げるイメージがあるかもしれませんが、多くの場合はそんなに大金を請求できるわけではないのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ